ばすぷすん日記

アクセスカウンタ

zoom RSS

<<   作成日時 : 2014/01/21 00:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

美大生の頃は、それこそ、どうすれば生きていけるのかサッパリ・ワカラズ、不安に満ちていた。

不安に掻き立てられるまま、作品ぽいモノを作っては、車に押し込んで、日本のあちこちのコンペに参加してた。

あるコンペで、同じ様に若いのが、「必ず、俺たちの時代が回って来る。だから、頑張って作品作っていこうぜ!」・・と言った。

根拠はない。
だけど、そういう気がして、何故だか腑に落ち、若い不安が随分と楽になった。

そんな日から、定かではないが、15年位なのだろうか?
今、「俺たちの時代」は、来ているのだろうか?

ソレが100%ではないが、自分の道を純粋に捉え、真剣に追えた者だけが、自分の生き方を手に入れる事ができる気がする。

若い頃と言うのは、嫉妬心も強い。
ある意味では、若者はソレを大事にすべきな気もする。

ある先輩が国費留学生になって海外に行けば、とても輝いて見えて嫉妬し、ある先輩が東京の一流ギャラリーでデビューすれば嫉妬し。
一体、どうやったらその様に輝けるのか?・・と。

僕には、最初から迷い無く自分の道を捉える才能が欠如していた。
だから、僕は、嫉妬する理由をたくさん集めて、一致点を探るしかなかったのかも知れない。

嫉妬を幾つも幾つも集めて、自分の生き方を考えるしか無かったのかも知れない。

「大学に行って意味があるのか?」
そんな事を時々、耳にする。

僕は、そんな嫉妬を幾つも集める事ができたのは、「大学だけ」だったと思ってる。

輝ける存在に、たくさん出会った。

大学だけではないが、本人の心掛け次第なのだ。
そんな大学に行っても、才能がありながら、ヒッピー仲間に埋もれてしまう人もいる。
・・そんな事を言うと、嫌われるだろうが。

そうして、嫉妬を集めて集めて、何が分かったのかと言うと、自分の道を突き進むのみである事、そして、ソレが分かった時には、輝ける先輩達と同じ努力を始めるには遅い事だった。

英才教育でもなんでも同じかも知れないが、早い段階で始めた者が、当然有利である。
人間、才能にそんなに大差は無い。

なので、僕は、地味で輝けない気もするが、人よりも早い段階で、大学3年の頃から、大学の設備を勝手に使って商品作ってネットで売ってた、「ばすぷすん工房」を続ける事にした・・のかも知れない。

そういう反則技は、誰もやらないモノだ。
アウトローな生き方を、ちょいとやってみるのも粋。
なんだかショボイ気もするが、ぼくぁ、そんなもんでさぁ・・・と。

そんな事を考えてた・・かも知れない。

そして、そんな事を考える事ができる今の僕は、なんて贅沢な人生を手に入れたのだろうか・・と、考える。
金は無くて余りに貧乏だが。

愉快さがある!!
否、滑稽さというべきか。

大学って、なんだろ?
資格取って就職する為にあるモノ・・では、無い。
そう断言する。
でも、僕の頃もそうだったけど、なんだか、単位取る為に大学行って、ヒキコモリや、気の合う仲間と閉鎖空間構成してマッタリ過ごす人が、なんだか多い。
ソレはたぶん、意味が無い。

マスコミが垂れ流すような、大卒と就職、そして人並みの暮らしなぞ、僕には何の価値も無い。
そして、ソレは、たぶん、大学という存在の価値を貶し、人々の価値観を押し下げ、低俗に洗脳する、悪しきモノである。
テレビを見ていると、バカになる。

・・で。
若い、嫉妬収集の暗黒時代に光を差したのは、「必ず俺たちの時代が来る・・」と言った、若き励まし合いの数々だった。
ソレは、余りに美しいエネルギーの源だった。

時に、エネルギーは、ゼロに限り無く近い存在から強く沸き立つ事がある。
根拠なけれども、本能のナニカを捉えたその言葉は、志ある若者達の合い言葉となり、その後のコンペで若き者達から聞かれる様になっていった。

その時代の若者達共通の不安に、まるで見事に根を張り巡らせた名言だった。
その根は、芽吹いただろうか?
俺たちの時代は、来ただろうか?

その理由のない強力な説得力は、嫉妬の闇から一陣の風となって、自分の人生を追いかける航海へ、僕を押したのである。


今想えば、間違い無く、人生には、想像力や妄想力がとても大事である。
ソレは、恐らく間違い無く、創造力の仮の姿である。


・・なんて書いてる僕は、たぶん、相当に丸くなっちゃった気がする。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
志 ばすぷすん日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる