ばすぷすん日記

アクセスカウンタ

zoom RSS しごと

<<   作成日時 : 2011/08/05 01:35   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 10

画像


鳥籠と鳥のオブジェを製作中・・・2日目。
制作日数・・・4日でなんとか完成したい所。

鳥を3羽作って、メッキ工場に出して。

現況、写真より実物はとても良い雰囲気です。
何枚か写真撮ったけど、どうしても、実物より良く写らない。
もうちょっと良い、一眼デジカメ買ったら違うかなぁ?

けど、実物より良く写っちゃって、実力以上に思われてしまうよりは、良いかなぁ・・・

オレンジ色の壁に、自由のシンボルとして(?)鳥籠から羽ばたく鳥のオブジェを・・との事。

遅れており、本当に申し訳ございません。。。




画像













アーティストと、僕の様な職人の違いはナニカ。
その一つは、アーティストの人が、行動的に人脈を広げている間も、職人は工房に引き籠もって作業をしている。
アーティストは、恐らく、そういうネットワーク作りの様な才能が必要なのだと思う。
僕は、工房に籠もって、ただ、ただ、仕事をする事しか、できない。

個展とか、グループ展とか、アーティストはそういう風に生きていて羨ましい。
僕は、仕事で、精一杯。
生活するので、精一杯。

アーティストかぁ。
やっぱり、食っていけんよなぁ。
みんな、スゴイなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い
ガッツ(がんばれ!)

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ユキンコアキラ君なんか、リズムペインティングで2年半も全国旅しながら喰っていけてるよ!
すげぇーことだね。
まさに日銭を稼いで生きていく。
でも、しっかりバックアップ陣を整備する頭脳やユーストやツイッター、ブログ、を普通に使いこなしている。

浜崎誠太郎君は、自分の殻がぶ厚くて固いから、なかなか社交的になれない。

僕は、そんな狭間でタイミングを伺うコヨーテのような存在だ。


  <中川友也39才>
中川友也39才
2011/08/10 11:22
http://www.youtube.com/watch?v=Wy3ThnAAHPc&feature=related

↑を見れば、北欧からヨーロッパ全体で、ナニが起こっているのかが分かる。
オスロの事件の理由も見えてくる。
国内のマスコミの報道では、ナニもワカラナイ。

ムカイさん、そんな平和ボケした事言ってる場合では無いよ!!
ばすぷすん
2011/08/11 01:04
 オスロのあの若者の起こした事件は、日本では変質者が起こした程度しか報道されないが、危機感懐いて起こした、理由のある行動なんだろう。
日本のマスコミは、ヨーロッパの移民問題を、経済的な失業率とかの問題程度にしか流さないけど。
 ドイツもオランダも、移民を受け入れてる国はどこもかしこも、治安が崩壊してるらしいではないか。
 ロンドンの暴動も、黒人が射殺されたのが発端と言うよりは、そういった事件が起きかねない社会状況に対して、若者の感性が、暴動の方向に向かったのだろう。  
ばすぷすん
2011/08/11 03:38
アーティストに、なりたい?

僕は、アーティストみたいな、高尚でカッコ良くて、キラキラ輝いているようなスターな生き方は、できないですよ。

労働者がしっくりくる。
でも、労働者にも色々あるけど。

戦場で、采配をふるって失敗して死んだ大将は、後悔は無いけど、采配をふるわれて失敗されてしんぢゃった兵隊は、どこかしら後悔があるよね。
だから、自分が自立してやってる労働かいい。

元気まんまんでしんぢゃったら、色々後悔だけど、働いて疲れ果てて死んだら、安らかに眠ってちょーだいな感じだよね。
だから、別に、幸福な生き方である必要も無い気がする。

美しい言葉や感覚感情をみんな選んで話すけど、本質は、実は、その程度のもんかも知れないと、最近思う。

社会・社交性は逆に、美しく立派に生きる言葉や感覚に満ちてて、違和感を覚える。
そうしないと、社交性は成り立たない。

まるで、テレビもマスコミも、行軍歌流してる様に、聞こえる。

空虚なネオンぶち上げて。

そんな立派に素晴らしい綺麗な幸せな豊かでリッチな生き方なんて、できねーよ。

できねーで、悪いか。
ばすぷすん
2011/08/11 04:19
かぁちゃんがさ。

良く言うんだよ。

立派な人がいる・・って、新聞の切り抜き送ってくれたりする。

言うなれば、社交性。
ムカイさんと本質的に同じ事言ってる。

綺麗なスーツ着て、立派な話をして、ジェントルマンな。

長渕剛が絵描いてる記事送って来て、参考にしろと。

小学生で同じクラスだったピアニストが、どこぞの国際コンクールで入賞してインタビューの記事とか。

どう参考にせよと?
ばすぷすん
2011/08/11 04:24
立派でなくて、すみません。
ばすぷすん
2011/08/11 04:27
真っ黒な、機械油の染みたズボン穿いてて、顔洗うと鉄の味がする。
一日中。
そんな生活だから。

村の葬式で、虫食いスーツ出して穿いて、靴を履いてたら、股間が裂けた。
仕方ないので、ホッチキスで内側から止めたけど、車運転中に取れてきて、なんか股間に刺さって。
危ない危ない。

事故って死んで検死の結果、どうやら股間にホッチキスの針が刺さって運転に支障をきたして、事故ったのでは無かろうか・・・と推測されたりして。

そんなレベルだもん。
アーティストなんてカッコイイ生き方、できんよなぁ・・・
ばすぷすん
2011/08/11 14:13
僕には、スーツのズボンを着こなす事さえ、難しい事なんだよ。
ばすぷすん
2011/08/11 14:15
そんな悲観的な事は無視することにしてる。
僕らが不幸か幸福かなんて、心が決める事だから。
哀しい事は見なくても生きていける。
楽しことにしか興味を持たなくても良い。
生きるって、結局、あと30年程の事だから。


   中川友也
中川友也/迎太陽
2011/08/12 11:43
なんとか、せにゃならん。
どげんか、せにゃならん。

僕はアーティストになれなくても良いけど、将来アーティストが生まれるような環境を作りたいと妄想する。
仕事がない人若者がいるなら、談笑しながら、腕に職を付けながら働ける工房を、大きくしたいと願う。

労働が、美しい汗を流すモノとなるように、苦しみながら考えながら毎日やってる。
なんとかかんとか。

農業と言う労働が、自然と溶け込む様な無意識を有するのならば、鉄の仕事にも、なにかそういう風な、根本的なナニカが、あるはずだ。

見えたようで見えて無く、気が付いたようで違う気もする。

丹念に生きていけば、いつか、きっと。
ばすぷすん
2011/08/12 13:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
しごと ばすぷすん日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる