ばすぷすん日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ばすぷすんな一日

<<   作成日時 : 2011/07/12 23:34   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 7

朝6時から、メール・FAX デザイン描いて返信作業・・・

画像

昼前までに、表札を一枚作る。


昼に、郵便物を郵便局に出しに行き、600円定食を食べに行って、スーパーで買い出し。


帰って来て、草刈り・・・
画像

梨の木の下に、無造作に、梨にかぶせたハズの袋が、散乱する・・・
カラスが、袋を外して、梨を食ってる・・・
袋を被せたら大丈夫とか、普通に甘かった。

今年の梨が・・・終わった。




画像

メッキ工場から上がってきた物を仕上げて、明日の塗装の準備。


画像

平行作業の複数の仕事を、同時に製作中・・・


画像

サービス版の手すりの渦巻きを作って、担当のシモムラくんに渡す・・・

シモムラくんが、渦巻きを溶接して仕上げと・・・

画像


サービス版フェンスの柱の頭に付ける玉を溶接して仕上げと・・・

画像


そのフェンスの1/5枚を仕上げてくれる・・・


あいだに・・・イマヤさんが・・・・・

画像


一回り軽い、プランターの試作を一本仕上げてくれる。

新型プランター、強度も十分で、かなり軽くなりました。
軽めの物をお探しの方には、とても良い感じです。


・・・で、23時。
これら全ての指揮、段取り手配準備の裏方ワークも、僕のお仕事・・・








当工房の価格では、これだけ頑張っても、時給出るのがやっと。
現況を維持するのが、やっと。
もっと仕事ができるようになる為には、仕事のできる人材を探さねば&仕事ができそうな人が見あたらない。

やはり、デザイナーが欲しい。
デザインして、指揮段取り手配準備ができる、デザイナー。
それ以外の人を雇うとどういう事になるかと言うと、その人の仕事量を維持する為に、僕の裏方の仕事が増える。
つまり、人を雇って、マイナスになる。

それらを考えて、サービス版を創設したのだが、未だ上手には回っていない。
規格が、足りないのだ。

どういう事かと言うと、建築会社さんや工務店さんがデザイン・図面を描いて見積もりもできて、「コレを作ってくれ」と言われて、できた物と引き替えにお金貰えれば、その段階で、裏方の仕事の大半が終わっているのである。

そのシステムの種は、実は存在してる。
鉄細工のパーツ屋さんが、パーツのCADデータを持ってる。
つまり、そのデータで作った図面を、パーツ屋さんが預かって見積もりし、作る工房を手配すれば良い。

講習会を開くなりして、塗装の塗料まで指定して、製造工房を確保して、建築会社さんや工務店さんに営業に周り、仕事を取って、配下の工房にパーツと図面送って作らせて、配送させて、マージン取って儲ければ良い。

でも、そんな面倒な事をパーツ屋さんはやらないし、何よりも、安い価格で作る工房さんもいない。
全体の趣旨は、みんなで仕事を作ろう!! と言う事なのに、その趣旨を理解できずに、一円でも儲ける為に交渉しようとする人ばっかりだろう。

・・なんと言うか、そういう風な事で、恐らく無理だから、僕は自分の工房の枠組みでサービス版を創設して、パーツ分けして物を安く・早く・確実に作れるシステムを模索している。
少しずつ、コツコツやっているけど、進まない。


だけど、一人でそこまで手が回らない。

例えば、当工房のオリジナルパーツのCADデータ作ったり、パーツ屋さんの材料も使うけど、発注する側が明確に見積もりもできるシステム作り。
つまりは、パーツ代とそのパーツの組み込み代を足した金額を提示して並べれば良いのだが、そういうシステム作りを担当してくれる人間が、見あたらない。
パンフレット&マニュアル・・みたいな本を作ったり。

そういう本を作成する事を意識して、現在、サービス版の仕事をやっている。


そうしてできたシステムとサンプルを持って、工務店さんや建築会社さんを営業して、使って頂く。
CADが扱えれば、パズルでデザインができる。
彼らは、CADを神のように扱えるのだから。


当工房は下請け製造として、最低限の代金を頂ければ良いし、マージンは幾ら取って頂いても構わない。



・・・そういう風なシステムで、サービス版でやらないと、人を雇って、毎回デザイン描いて・・・では、僕一人では手が回らない。
むしろ、オリジナルデザインでは、無理。

サービス版で回れば、人に任せる事ができるし、全部任せて、僕が趣味みたいなモノで、個人でオーダー物を作る事もできる。

そうしてできた新技術や新手法を、フィードバックしていくような・・・



だから、サービス版が大事なんだ。
これらを理解して、できる人間が。
僕はできるけど、現状の工房の運営が。

一点物作るの中断して、そういうシステムを作っても、維持できる人材が僕以外にいないと、僕はソレを一生やらないといけなくなる。

短い人生の中で、なにを選ぶべきか。


難しい。












とりあえず、10分くらいでブログ書いて、シャワー浴びて、メール・FAXを返信すべく、デザインを描き始める・・・

3時までには、寝たい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
アイアン製品の用途について考えてみました。現在の用途は家と外溝に使う建材の一種だと思います。そこには、施工が必要になります。DIYでは門扉など大型製品は難しいでしょうし、DIYする施主も限られます。施工が不要なアイアン製品の用途はないでしょうか。雑貨的な分野を考えてみてください。小さくて単価の安いものでは採算ラインが難しいかもしれません。ガーデニングの雑誌に「ガーデン&ガーデン」があります。女性ができるDIYの範囲で、雑貨を取り入れた半戸外や庭の空間作りをよく紹介しています。この中でアイアン製品(フェンスやゲート)をオブジェっぽく、転がすというか立て掛ける例がたくさんあります。海外のアンティークが多いようですが、それだけに良い値段がしています。「アイアンゲート」「アイアンフェンス」でヤフオクを検索してみてください。ただ海外のものはサイズが大きすぎると思います。日本の鋳物では雰囲気がでないんですよね。
清新町
2011/07/15 00:09
ヤフオクの出品のカテゴリーや商品名を少し変えてみるだけで、新しい用途のお客さんが増える可能性があります。作り手が思いもしない用途で売上が伸びることはよくあります。サービス版のラインナップ増につながるといいですね。ばすぷすんのアイアン製品があることを広く知らしめるわけです。

アシスタントの優先順位が高くないということはわかりました。実際の現場を知らないので一般論しかいえません。ただ生産性を上げるための処方箋としてボトルネック工程の解消があります。ボトルネックとは、生産工程や作業プロセスにおいて、最も手間や時間を要したり、品質が悪かったりする箇所のことです。ビン(ボトル)のクビ(ネック)の部分が他の部分に比して急激に細くなっていることから、そのような現象の有するイメージに重ねてこう呼ばれます。「事務」がボトルネックになってないかなあと勝手に想像しました。実際、私のところで夕方2時間で週3回という女子大生のバイトをお願いしていますが、すぐに仕事を覚えて溜まっている事務をサクサクこなしてくれています。くどくなるのでこれ以上はいいません。最適解はそれぞれの現場で異なりますから。
清新町
2011/07/15 00:10
いつも、ありがとうございます。
ガーデニング系の雑誌は、僕も本屋さんで良くチェックします。
お教え頂きました品物も、専門雑誌等で、コレはいけそうだ・・・的な物をピックアップしています。

しかし、大きなホームセンターにチェックに行きますと、その品々が、恐るべき激安にて、販売されております。

ガーデニング系で使われるアイアンは、ロートアイアンとは異なります。

ロートアイアンは、西洋の古い伝統芸能をベースにした、火で真っ赤に熱しての鍛冶仕事なのですが、それから派生した、産業革命で規格化された板棒等を、手回しの機械でクルクル巻いたりして、組み合わせて使う、簡易的なアイアン飾りとなります。
ばすぷすん
2011/07/15 01:54
日本では、アンティークやアートと値札に書かれて、高値で出されたりしますが、この値付けとアンティークとアートと言うのは、僕の様な作る側からしますと、間違いに見えます。

ロートアイアンで、火に掛けての鍛造ではなく、手回しの機械に入れて部品を作っての製作ですので、アンティークと言うには、余りにも手間暇が掛かっていないのです。

これらの品は、産業機械で生産しますと、恐ろしく安価にできてしまいます。
また、当工房が製作していますような、重厚なロートアイアンの品と並べて比べますと、その差が歴然としてしまいます為、こちらを製作するのは、難しいです。

ペラペラでシンプルな雰囲気に見えてしまうのです。

しかし、こちらは、教室等で、日帰りで生徒様が、手回し機械でクルクル巻いて部品を作って、門扉などを製作して持って帰る・・・様な事には、使えると考えています。
アンティークのアイアンとして、店頭で5万円等で並んでいるのですが、それこそ、5千円の授業料で、ご自身で一日製作して持って帰られる感じとなると思います。
機械にはめて、手回しで部品ができるので、誰でも作れます。

しかし、このレベルで作りますと、やはり、一点物ではありませんので、需要が少ないです。
ばすぷすん
2011/07/15 02:07
教室系は色々と、妄想しております。

ロートアイアンの鍛冶仕事の新しい部品作りを僕が前の日に一つ憶えて、土・日にロートアイアン研究会みたいのをできたら、面白いと考えたりしています。

木炭デッサンと塑像もちゃんとできるので、美大受験も兼ねた、そういう教室も、良いかも知れません。

事務仕事は、お客様からご要望をお聞きして、デザインを作って、お客様にGOサインを頂くまでが、最も簡単な事務仕事になると思います。
CADが使えれば、かなり有利に作業ができますし、少なくとも、スケッチが描ける事は必要かと思います。

例えば、事務の人に、お客様のご要望をまとめて頂いて、僕に説明して頂き、僕がデザインを描いて、事務の人にデザインの説明をし、事務の人にお客様に説明して頂く事になってしまうのです。
だったら、事務の人がデザイナーでなければ、2度手間となります。
一点物は、僕がデザインからやりますので、サービス版と一点物と部署分けして、サービス版のデザイン作業となります。

その他の事務仕事は、ネットショップの運営丸投げの様になると思います。

その他の、事務仕事らしい仕事は、あまりありません。

ある表札専門店さんは、デザイナーのお姉様方を10名程置いて、一点ずつ、デザイン作業を各自独立して一人のお客様を担当して頂き、できたデザインを外注してます。

その様な、事務職となります。

ばすぷすん
2011/07/15 02:34
 しかし、工房のレベルアップを考えますと、どうしても、CADマスターの人材が、喉から手が出る程、欲しい所です。

 デザイン作業が、当工房のボトルネックであります。

 制作担当で、2名雇っておりますが、僕を含め3名分のデザイン作業も、僕が全て担当しております所が、一番お客様にお待ち頂いて、ご迷惑をお掛けする部分となっております。

 僕が、デザインも描いて、制作も致しておりますので、休みが無いのです。

 また、デザイン料をサービス致しております所も、問題でありまして、つまり、デザインを事務して頂きましても、給料をお支払いする財源がありません。

 僕が2倍制作して、給料をお支払いするしか無く、同じ事であります。

 

 副業で、僕の目立てで、輸入アイアン雑貨のお店を開いて、ネットショップ等を丸投げで担当して頂く、事務員さんとかに、なりそうです。

 なにはともあれ、もうちょっと価格を上げないと、どうにもならない様です。

 財源がない、財源がない、そう言ってますと、どうにも、政治の世界でありますようです。
 お金が無い政治家さんは、悪事を働いてなんとかするようですが、僕はとても、悪事などできません。
 
 なにをするにも、財源は、難しい世の中です。

 僕も、バブルの頃に、工房をやってみたかったモノです。
ばすぷすん
2011/07/15 02:45
この場で、何度も、希望の人材像を書く事により、必要な人材の人への説明が、少しずつ、明確にできますようになって行っております様です。

ありがとうございます。


ばすぷすん
2011/07/15 02:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
ばすぷすんな一日 ばすぷすん日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる